消費者金融の金利はどのくらい?

消費者金融の金利は高い!と思っている方は多いのではないでしょうか?確かに、銀行カードローンなどと比べますと消費者金融の金利は高いです。もちろん金利は低ければ低い方が利息を支払わなくて済むわけですからいいのですが、実際消費者金融を利用するとどのくらい利息が高いのかというのを知るとまた見方が変わってくるかと思います。

 

まず、消費者金融の上限金利は18%です。これはほとんどの消費者金融でそのくらいだと思っておいていいでしょう。そもそも利息制限法という法律で、10万円未満の貸付けなら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%というように上限金利は定められています。そもそもキャッシングを利用する方の多くが100万円以下であり、10万円以下の借入というケースはほとんど少ないです。

 

そして新規契約の場合には、ほとんどがこの10万円以上100万円以下の限度枠となり、金利も最大金利の18%が適用されます。もちろん、利用を続けていって限度枠を増額していけば金利が引き下げられることもありますが、初めての利用でしたらまず18%だと思っておいていいでしょう。

 

ではこの18%というのは金利として高いのか?銀行カードローンと比較してみましょう。大手の銀行カードローンをみてみますと、その上限金利は14%台をマークしているものが多いようです。14.5%だとすると、消費者金融との金利差は3.5%ですね。これをこんなにある!と見るかこれしかないの?と見るか、それは実際に計算してみてはっきりします。

 

まずは10万円を3ヶ月間借りた場合で比べてみましょう。利息の計算方法は借入残高×金利÷365日×借入日数です。消費者金融の場合ですと、10万円×18%÷365日×90日=4,438円が利息となります。対して、銀行カードローンの場合には10万円×14.5%÷365日×90日=3,575円です。その差は863円となります。

 

ではこの10万円を12ヶ月間借りた場合で比べてみましょう。12ヶ月の場合には年利でそのまま算出できますから、消費者金融の場合には利息は18,000円、銀行カードローンの場合には14,500円となり、3,500円の差が出ます。これで金額がもし30万円と3倍に増える場合には、単純にこれに3を掛ければいいので消費者金融は54,000円、銀行カードローンは43,500円でその誤差は10,500円です。

 

このように、利息の差は金額が大きくなればなるほど、借入れ期間が長くなればなるほど影響が大きくなって行きます。しかし小額で短期間の借入れの場合には、先に算出したように数百円程度の差しかありません。

 

確かに以前は消費者金融の金利は29%台などたいへん高金利でしたが、現在では法律でかなり引き下げられて銀行カードローンとの差はほとんどありません。

 

消費者金融のカードローンには審査の早さや柔軟さ、今すぐお金借りることができるなど利便性の高さなど他にもメリットがたくさんありますし、「消費者金融の利息は高いから」とはじめから切り捨ててしまう前に、この借入れ額なら、この返済期間ならどのくらい利息の差が出るのか?といったところを計算して比べてみるのもいいのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る